会場の申込み

ご利用までの流れ

使用予約
 予約は、直接ご来館いただくか、事前に電話で予約し後日来館して申請する方法があります。会場予約期間は使用日の6ヶ月前の月の初日から10日前で先着順にご利用者を決定させていただきます。受付時間は午前8時30分から午後5時30分までですが、休館日は除きます。

申込書提出
 ご利用者が直接ご来館のうえ、「使用許可申請書」にご記入いただきご提出ください。遠方により来館しにくい場合は、郵送も可能です。

お支払い及び使用許可書の発行
 使用許可申請書のご提出と同時に使用料をご納入いただきます。使用料は前納制で、原則として現金による支払いとしますが、遠方の場合は、口座振込も可能です。振込手数料はご利用者の負担とさせていただきます。使用料を納入いただきますと、使用許可兼領収書を発行いたします。広報・宣伝及び入場前売券の発行等を行う場合は、使用料を納入し、使用許可書の交付を受けてから行ってください。

会館との打ち合わせ
 ホール使用の際は、開催1ヶ月前頃までに舞台使用に関する打合せが必要ですので、ご都合の良い日程をお知らせください。開催に向けて、舞台仕込図、タイムスケジュール等の書類をご提出いただきます。

変更・取消申請
 使用の許可後に特別の理由により使用内容に変更が生じたときは使用変更許可申請書により新たに許可を受けてください。使用の取消しをする場合は、使用取消申請書に使用許可書を添えて速やかに許可を受けてください。ご利用者側の都合で取消しされるときは、納入後の使用料は還付いたしません。ただし、次の場合は使用料の全部または一部を還付いたします。

① ご利用者の責任によらないで、会館の都合上、使用ができなくなったとき。
② ご利用者が相当と認められる理由により、使用日の10日前までに使用取消しを申し出て指定管理者が承認したとき。
 
当日
 施設利用の前後は必ず事務室にお立ち寄りください。許可を受けた使用終了時間(ホール・会議室の準備や後片付けの時間を含む)は厳守してください。また、ご利用上の注意事項をお守りくださるよう参加者へ周知をお願いします。

追加使用料のお支払い
 ホールご利用の際は、音響照明等の器具類使用料及び冷暖房使用料が別途必要となることがあります。その場合は、ご利用後に請求書をお送りいたしますので期日までに納入してください。
 また、事情により使用時間を超過するときは、会館に申し出て許可を受けてください。時間を超過した場合は、超過使用料が加算されます。

休館日
① 毎週月曜日
② 1月1日から1月3日まで、及び12月28日から12月31日